家電、設備機器の工夫

家電や設備機器消費エネルギーを減らそう・・・・そのために

出典:資源エネルギー庁
         エネルギー白書2006

家電や設備機器を上手に選び、賢く使う

今電機私たち生活中心に置かれる必需品になっています。その多くの化石燃料(石炭や天然ガス)を燃やしタービンを回して発電されています。

今後太陽光発電、風力、波、地熱、(水素)など再生可能なエネルギーが さらなる技術開発で発電主役になっていくでしょうが、いずれにしても 家庭消費エネルギー削減もとに進めなければ、根本的なエコ社会に 到達しません。

特に電気エネルギー削減原発課題も含み、できるだけ電気を使わないで済む暮らしへ向けて、設備選択と上手な使い方がポイントですね。

家電の工夫(電気を必要とするもの)の場合

家電の中で特にエネルギー消費が大きいのが円グラフが示すように「冷蔵庫、テレビ、温 水暖房便座」となっています。まずここを見直しましょう。

買い替えるとき、省エネラベルを見ながら年間の電力消費量や星数を確認しましょう。

「しんきゅうさん」さんというHPも参考にすると電気消費量や電気代がどれくらい変わるかがわかりますよ。

住宅設備の工夫(電気、ガス、石油を使うもの)

電化がいいか、ガス化がいいかの選択

よくガスがいいか電化がいいか質問をうけます。ただ、この議論が成立する、暖房、給湯、調理が中心です。

電気HPとんどが発電所で化石燃料を燃やして作ら れ家庭に送られまた熱に変えなければなりません。現場でそまま燃やして熱源とするガス暖房、給湯、コンロロスなく熱に変えられるで合理的です。かつてマキを燃やすかまどとてもエコだったです。

ただ、ヒートポンプという技術が開発され、発電から送電まで電気エネルギーロスを取り戻すほど熱エネルギーを電気で作り出すことができるようになりました。

Ihクッキングヒーターは一般的電気熱器と 同様な仕組みで熱をつくるで、ガスコンロほうが省エネと言えます。
正しい情報をしっかり確認しよく比較しながら選択しましょう。

設備の省エネの基本となるのは「必要な場面で、必要なだけ設備機器を動かす」という心がけなんですね。