暮らし方による工夫

太陽や風とうまく付き合う暮らし方ためのパッシブデザインを活用

パッシブデザインって?

パッシブデザインとは、太陽や風など自然営みをうまく住まいに取り込む技術と自然と応答する暮らしの知恵のことです。パッシブという「受動的」という意味で、太陽や風をうまく受け止めようとするものです。

その反対はアクティブです。これは機械設備などを使い強制的にコントロールさせようとするものです。そして小さなエネルギーで暮らすことを目指すとき大事なことは、暮らしの質を高めながら進めることを大切にします。自然を利用するパッシブデザインで得られる快適性そこに大きな価値があるです。

このコーナーで随時豊かな暮らしためのパッシブデザイン技術をお伝えしていきます。

パッシブな暮らし方って?

夏の強い日差しを防いだり、風通しに気を配ったり、家の周りの温度を下げたりまた、気温に応じた衣類の調整や室内の明るくするためにカーテンの開け閉めや素材の工夫など小さなエネルギーで暮らす工夫にはパッシブデザインから得られるヒントは多いのですね。

緑と暮らす

緑に囲まれて暮らすことは、四季を感じながら夏冬の日差しのコントロールができます。 樹種の選択を効果を確認し楽しみながら行ってください。風にそよぎ冬に歯を落とす落葉樹をうまく活かしましょう。

数値だけではうまくいかない省エネ。家族のエネルギー意識や価値観を一つにすることも大事ですね

たとえば、集まって過ごす

省エネ効果ほんわずかでですが、電気やガスなどを使用する設備を共用することで全体使用量を減らすことなります。結果的に小さなエネルギーで暮らすことにつながります。

続けて入浴する

現代社会で多様な生活時間の中で暮らすことになりました。昔のように入浴を続けて済ませること難しくなっていますが、意識していくことで習慣づけることにもなります。省エネ行動を通して家族きずなを深めていけるといいです。

緑に囲まれて暮らすことは、四季を感じながら夏冬の日差しのコントロールができます。 樹種の選択を効果を確認し楽しみながら行ってください。風にそよぎ冬に歯を落とす落葉樹をうまく活かしましょう。

見出しを入力して下さい

本文を入力してください

 

家庭の省エネを進める具体的な方法を簡単に説明しています。 下のボタンをクリックしてのぞいてみてください。